歓迎会の時に使える屋形船

歓迎会の時に使える屋形船

歓迎会の時に使える屋形船 屋形船は夏の風物詩という印象が持たれることが多いのですが、昨今夏以外でも需要が高まっていると言われています。需要の高まりを裏付けるように船上で歓迎会を開催する企業が増えているのです。
通常、歓迎会を行う時期というのは春や秋なので夏以外であることがわかります。
これまで夏に人気があった屋形船が夏季以外にも需要があるのは、数々の魅力が存在しているためです。
まず、個室ではあるものの水上であるため圧迫感を覚えることなく開放的であるということです。
一般的な個室の居酒屋の場合、個室であっても周囲の音が聞こえてきたり気兼ねなく盛り上がることができないといった欠点があります。しかし、自分達以外居ないのでどれほど大声でお話をしても迷惑がかかってしまうことがありません。
そして、水面上に自分達しか居ないのでより一層仕事仲間などに親近感を抱きやすいというメリットもあります。
また、歓迎会というのは新たに参加する人々と親交を深めるためにカラオケなどで盛り上がることが多いものです。
屋形船には盛り上げるためには欠かすことができないグッズや設備が完備されているので、何も準備することなく楽しむことができるのです。
マイクがあれば司会を行いやすいというメリットもあるでしょう。

恋人や家族の少人数で使える屋形船

恋人や家族の少人数で使える屋形船 夏の夜空を満喫できる東京の風物詩といえば、屋形船です。
屋形船といえば、団体での貸し切りで歓迎会や親睦会など比較的大人数での場合に利用されているイメージでしたが、最近では少人数でもというニーズが広がり、乗り合い屋形船という形態で家族や大切な人、女子会や恋人同士など、寄り集まった人たちで、それぞれにプライベートな空間を楽しめる事ができます。
船内の空間も全体的には、和の良さを大切にしていますが、外国人の観光客なども利用し、どちらかというと床に座るのが苦手な方には、椅子タイプに掘りごたつ形式等も出てきております。
乗り合い屋形船を利用する場合に大切なことは、コストや食事内容、船内のサービス内容をしっかり検討することは勿論ですが、出発地と走行ルート等決まったった時点で、利用日時に申し込みができるか確認し早めに行動する事が肝心です。
家族、恋人同士であれば花火大会の日程など東京湾の夜景に花を添えるサプライズ情報の事前確認もできるだけ早くに行う事ができれば良いのですが、当然として予約の競争が考えられます。
ロマンチックな演出はそれぞれに味わい深いものであれば、船内で過ごす空間を満喫する事を第一に、それだけでも語り合える絶好の場所になります。

風流に伝統の屋形船や川床を楽しんでみませんか

清流の流れる川床や、海の上の屋形船でのお食事は、自然と一体になって清々しい気分になります。
清流のせせらぎや、波の打ち寄せる音を聞き、日頃の疲れを癒されるひとときです。
屋形船のルーツは平安時代貴族の「舟遊び」。
船上で和歌を詠んだり、楽器を演奏したり。
自然を愛でて、雅な時を過ごしていたようです。
「万葉集」にもその歌が残っています。最も盛んになったのは江戸時代です。
将軍や大名が自分の船を豪華に飾りっていました。
江戸は他の都市に比べ、水上交通が発達していたため、次第に商人や粋な江戸っ子たちも舟遊びを楽しむようになりました。
その様子は浮世絵にも描かれました。
川床は豊臣秀吉が三条や五条橋の架け替えなどで、京都鴨川の河原に茶屋や見世物を開いたことにはじまります。
盆地である京都は蒸し暑く、川床で夕涼みをしていたようです。日本人には自然を愛でて風流を楽しむ歴史を受け継いできました。
川と海がつながっているように、屋形船や川床を楽しみながら、ふと万葉や江戸に想いを馳せながら楽しんでみてはいかがでしょうか。

屋形船にコンパニオンを呼んで素敵な夜を過ごす

屋形船は川や浅瀬など穏やかな水域を航行しながら宴会を楽しめる船で忘年会や新年会、送迎会、歓迎会をはじめとしたさまざまなパーティの会場となります。
旬な食材を数多く取り揃え長年修行を積んできた料理人によるおいしい食事に舌鼓を打ちながら、料理に合ったお酒も窘めます。
屋形船はほどよい波に揺られ、リラックスした最高の時間を過ごせます。しかし、そんな宴会に何か物足りなさを感じるなら、コンパニオンを呼んで素敵な夜をグレードアップする方法があります。
コンパニオンはテーブルマナーや接遇を学んできており、誰もが気持ちよくその会を楽しめるようにお酌や注文の受付などサポートしてくれるだけではなく、容姿端麗なその姿で場を彩ってくれます。
トークの技術にも長けており、雰囲気を盛り上げてくれるほか、みんなで参加するゲーム大会では距離をぐっと縮めて心身ともにコンパニオンに近づくことができるのも醍醐味です。
屋形船でもうひと盛り上がりしたいなら、コンパニオンを呼ぶのがおすすめです。

国内旅行で屋形船を体験できるおすすめの観光地

旅行に行く目的として、多くの方が理由で挙げるのが日常生活では味わえない体験をすることでしょう。
日頃の暮らしとは違った文化に触れることで、心がリフレッシュをしつつ感受性も鍛えられるわけです。
日本国内でも地方によって異なった文化、そして観光施設やサービスが数多くあります。
そのなかのひとつである屋形船遊びについて、ここで簡単にご紹介をしましょう。
屋形船を体験できるおすすめの観光地が福岡県柳川市です。
江戸時代の趣を今に残している城下町で、この城の堀から城下町を2時間かけて屋形船で巡ることが可能です。
当時の衣装に身を包んだ船頭が案内を務めており、都会とは違った風景を目にしてゆっくりと時間を過ごすことが可能です。
家族旅行で訪れるのはもちろん、新婚カップルや親しいお友達同士で足を運んでもいいでしょう。
屋形船は貸切サービスにも対応しています。通常は乗り合いとなるので、ほかの地方から来た方々と触れ合うことも可能です。

屋形船で忘年会を楽しむメリットについて説明

屋形船は娯楽の一つとして古くから多くの人々に愛されてきましたが、なかには利用料が高額であるとのイメージから敷居が高く考えている人も少なくありませんが、近年では非常にリーズナブルな価格帯で利用することが可能になっています。
そのためとくに忘年会では貸し切りにすることで関係者のみで開催することができるといったメリットがあります。
屋形船を貸し切りにする場合には、周囲の目を気にする必要もありませんので大いに忘年会を楽しむことができるというわけです。
屋形船を利用するにはそれぞれ料金の違いがあるものの、揚げたての天ぷらやお刺身、すき焼きなどを楽しむことができるため、日本人だけでなく海外の参加者にも喜ばれることでしょう。
屋形船は海上を周遊するのでお料理だけではなく周囲の有名な観光物を眺められることも人気となっています。
陸からは味わうことができない景色が見られることは今後も一生の思い出の一つになることでしょう。

屋形船を楽しむときにおすすめの衣装が浴衣

日本の場合、有名な観光地では古き良き文化を楽しめるアクティビティーがたくさん用意をされています。
たとえば京都であれば人力車サービスがあり、大正時代の雰囲気のなかで神社仏閣などを巡ることが可能です。
東京なら隅田川一帯に屋形船があって、船着き場から自由に乗り込んで遊覧観光を満喫することができます。
そこでここでは、屋形船を楽しむのにおすすめの衣装をご紹介しましょう。その衣装とは浴衣です。
隅田川が流れる浅草・両国一帯には着物レンタル店がたくさんあり、観光客向けのサービスを提供されています。
夏だと屋形船を利用して花火大会を見学することも可能なので、そのときに浴衣を身に纏うと良いでしょう。
屋形船は納涼という位置づけになり、心地よい風を全身に浴びることもできます。
着物レンタル店では女性用はもちろん男性用も用意をされているので、カップルで浴衣で屋形船を楽しむことも可能です。粋なスタイルになって楽しめます。

屋形船は夏なら花火を楽しむのにもおすすめ

夏に屋形船を楽しみたいと考えている人もいるのではないでしょうか。
そのような場合には花火大会の時に利用するのも良いかも知れません。地域によっては花火大会を川や海などで行うところもあるものです。
そういったところで運行している屋形船を利用すると、陸上から眺めるのとはまた違った趣で花火を楽しむことができるでしょう。
花火が行われるときは、周辺エリアからも多くの人が見学に集まってくることが少なくありません。
そのため人気の見学場所は多くの人で混雑してしまいがちです。通行するのもやっとであるといった状態になることもあります。
しかし屋形船で水上から見学すれば、混み合うなかで疲れ切ってしまうこともありません。
ゆったりと寛ぎながら、食事を楽しみつつ花火を楽しむことも可能です。
とはいえ花火大会の時には予約も早くから埋まってしがちですので、このような人気イベントに合わせるなら予約に注意が必要です。
早めに申し込みをすることをお勧めします。

屋形船への乗船に不安点を感じる人について

屋形船への乗船に不安点を感じる人もいるかもしれません。
最も大きいものが、船なので揺れることで酔うのではないかということでしょう。
この点はあまり大きな心配はいりません。
そもそも屋形船は川を主に運行するものであって、川には海のような波はないからです。全く揺れないわけではありませんが、外洋を航海するフェリーのようなことはまず発生しません。
それでも心配な人は前日に十分な睡眠など休養をとっておき、酔い止めの薬を服用するとともに、もし可能なのであればできるだけ船体中央に近い座席とすると軽減されます。
この他、暑さ寒さとか、トイレの問題を気にする人もいるかもしれませんが、これらも基本的には心配無用です。
屋形船のキャビン内部は空調が効いていますから真夏や真冬であっても快適ですし、飲食が前提である以上は船内にはトイレが備え付けられています。
収容人数の多さなどにもよりますが、複数備えられている船も多いでしょう。

タバコを吸いたい人でも安心して利用できる屋形船

日本国内の飲食店は多くが禁煙となっているために、屋形船でもタバコを吸うのは無理だと考えてしまう人もいますが、一部の船は喫煙が許可されているのでヘビースモーカーの方々でも安心して乗船できます。
喫煙が許可されていると言っても船内の全てのスペースで吸えるわけではなく、喫煙所でしか煙を出すことを許されないことも珍しくありません。
船によっては喫煙所が船の後方に作られていたり、スカイデッキでしか煙を出せない場合もあるので、船の情報をよく調べてから予約を入れることを推奨します。
仲間と一緒に宴会を楽しむ目的で、タバコを吸える屋形船の予約を入れるつもりなら、お酒や料理を楽しめるスペースで煙を出せるか確かめることも重要です。
空気清浄機が設置されている船も多く、船内が煙の臭いで充満しないか心配する必要もありません。
分煙がしっかりしている屋形船も増えていて、どこなら煙を出しても問題ないのかドアで区切られている場合もあります。

幹事さん必見の屋形船の運航可否についての確認方法について

屋形船は、湾内や河川などを航行する小型船舶で、主に波が静かな場所を航行して所定の場所で1時間から2時間程度停泊、そこで食事や飲み物を提供してお客さんは宴会を楽しむなどのサービスを提供しています。
河川などの場合も、河口から上流に向かう形で船を操縦することになりますが、強風が吹き荒れるような嵐のときなどは危険を伴うなどの理由から運航は行われません。
基本的に、当日の天候次第で屋形船を出港できるのか否かが決まる、嵐などの関係で船を出せないときは申込者に連絡が入るようになっているので、申し込みを行うときには自宅や会社などの固定電話を利用するのではなく携帯電話の番号を記載しておくと安心です。
なお、風が強くて屋形船が出航できるのか否かを判断できないこともありますが、この場合は船宿に連絡を入れることで当日の運航スケジュールを確認することが可能です。
基本的に船宿側から連絡が入らない場合は予定通りになるけれども事前に確認しておくことでより安心に繋がります。

屋形船ではカラオケをして楽しむこともできる

屋形船を貸し切って宴会をしようと考えている人もいるのではないでしょうか。
年末年始の忘年会や新年会、また職場の歓迎会や送迎会、さらには懐かしい人達と再会する同窓会まで様々な催しをする際に利用することができます。
お酒を飲みながら宴会を楽しみたいシーンにはピッタリです。屋形船が宴会に適している理由には、カラオケを楽しめるということも挙げられます。
貸し切って利用することが出来るので、様々な仲間内での宴会に利用するとプライベート空間でゆっくりと落ち着いて飲食を楽しむことができるのが屋形船の良いところです。
そのようなプライベート空間で過ごせるという点は、気兼ねなく歌えるということにも繋がります。
他の利用者もいるような施設では、人目が気になってしまうこともあるかも知れません。
その点、貸し切りで使うことのできる屋形船なら安心です。多くの船で通信カラオケの設備が用意されていますので、宴会の際には思いっきり歌って楽しめます。

屋形船は貸し切りだけでなく乗合船もあるのでカップルでも楽しめる

屋形船と聞くと、30人や40人などの人数が集まらないと利用できない、大勢で宴会を楽しむための船といったイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。
貸し切りの最低人数は船の大きさや船宿などのより異なりますが、25名以上から利用できる屋形船も少なくありません。
仮に、20名しか集まらないときでも5名分の料金を払えば貸し切りで活用できるわけですが、最近の屋形船の中にはランチクルーズやディナークルーズなどのプランで利用できる乗合船も登場しています。
これは、最低2名以上から出航となっているケースが多いため、他の人が乗船しない場合は貸し切りと同じような状態で利用できます。
ちなみに、乗合船は自分たち以外のお客さんも乗船できる船を意味していて、釣り船などにもあります。
他のお客も乗船していますので身内だけの宴会などを行うことはできませんが少人数で屋形船に乗ってビールや江戸前の食材を使った料理を楽しみたい、このような人に向いています。

屋形船は東京湾などから東京の景色を楽しめるクルーズ船

東京の中には下町を中心に数多くの船宿が点在していて、乗り合いの釣り船や仕立て船、そして屋形船などの専用の船を用意しています。
屋形船は、貸し切りで利用するだけでなく乗り合いを使えばカップルや家族連れ、友達同士や職場の仲間同士など少人数での利用もできますし、都内の屋形船はお台場や幕張リゾート、東京ゲートブリッジなどの東京の新名所を周遊するクルーズ船ですからさまざまな用途で活用できます。
例えば、結婚式の二次会などで利用することも可能で、陸上のレストランを利用するよりも東京の夜景や景色を楽しめる魅力があります。
水の上からの景色は陸地から見るものとは違って見える、夏場だけでなく冬場に使えば空気が澄んでいる分だけ景色がよりきれいに見えます。
船内にはカラオケなどの設備もあるので宴会はもちろんさまざまなイベントで利用することができますし、展望デッキが付いている屋形船なら展望デッキからの景色を堪能できるのではないでしょうか。

夏場はもちろん真冬の寒い時期でも屋形船は冷暖房完備なので快適

屋形船にはいろいろな設備がありますが、その設備の中でも欠かすことができないのが冷房と暖房です。
海の上は潮風があるため真夏でも比較的涼しいのですが、屋形船は主に船の中で宴会などを楽しむための専用の船になるので、船内が涼しいことが条件になって来ます。
また、屋形船は真冬の寒い時期に忘年会や新年会などで利用することが多いため、冬場は暖房が必須です。
基本的に、冷暖房完備になっていますので夏場は涼しく、冬場はぽかぽかの状態で一般的な居酒屋で宴会を行っているのと同じような感覚で楽しめます。
屋形船は、宴会が行われているときは停泊していて船は停止していますが、窓の景色を見ることで東京の夜景を満喫できる、これは居酒屋での宴会では得られない魅力の一つです。
なお、船宿によっては掘りごたつがある船舶を用意しているところもあるので、冬場に利用するときだけなくゆったり過ごしたいときなどこのような機能の有無を確認しておくと良いでしょう。

投網・ハゼ釣り・潮干狩りなどができる屋形船

屋形船は、東京湾を周遊したりお台場沖など比較的波が静かな場所で停泊して宴会を楽しむことができるクルーズ船と宴会を組み合わせた船です。
乗り合いを利用すれば家族連れでも楽しめますし、船宿ごとにいろいろなサービスを提供しているので事前にどのようなサービスがあるのか調べておくと良いでしょう。
最近は、東京湾の比較的浅い場所でのハゼ釣りや潮干狩り、そして投網体験ができる屋形船も登場しています。
投網は、網を投げ入れて魚を捕まえる漁の一つで江戸時代から存在しているといわれています。
見ていると簡単そうに思えるけれども、実際にやってみると思うように網が広がらないなど漁師さんの技術力を知ることになります。
東京湾はハゼ釣りのメッカでもあり初夏から秋口にかけてハゼは浅い場所に移動してくるので、このような時期を狙って釣りを楽しめる、釣り上げたハゼは船内にある調理場で天ぷらにしてくれる、このような魅力的なプランを用意している屋形船もあります。

屋形船に乗りたいけれども船酔いが失敗!その対策方法とは?

屋形船は、桟橋を出港してから20分前後のクルーズを楽しんだ後は、波が比較的穏やかなお台場の入り江などに止まって食事やお酒を楽しむ宴会コースが一般的です。
宴会は1時間半から2時間程度で、その後は20分前後の時間で桟橋に戻るスタイルです。
実際に乗船してみると時間はあっという間に過ぎてしまう、このように感じる人も多いかと思われますが船が苦手な人にとっては乗船するまで、そして沖合で止まっているときなど船酔いしないか心配になりがちです。
基本的に、波が穏やかなので酔うことは少ないのですが、心配になっていると余計に気になって船酔いしてしまうこともあります。乗船前には何か食べて胃の中に食べ物を入れておくこと、酔い止めの薬を飲んでおくこと、この2つを実施することで屋形船を楽しむことができます。
また、停泊しているときや動いているときなどはなるべく遠くを見るようにする、これも効果的なので試してみると良いでしょう。
これらの対策を行っておけば、屋形船の楽しい時間を過ごせます。

おすすめの屋形船関連リンク

屋形船コンジェルジュがピッタリのプランをご紹介する屋形船のサイト

屋形船

新着情報

◎2023/2/1

情報を更新しました。
>屋形船は夏なら花火を楽しむのにもおすすめ
>屋形船への乗船に不安点を感じる人について
>タバコを吸いたい人でも安心して利用できる屋形船
>幹事さん必見の屋形船の運航可否についての確認方法について
>屋形船ではカラオケをして楽しむこともできる

◎2022/3/28

情報を更新しました。
>風流に伝統の屋形船や川床を楽しんでみませんか
>屋形船にコンパニオンを呼んで素敵な夜を過ごす
>国内旅行で屋形船を体験できるおすすめの観光地
>屋形船で忘年会を楽しむメリットについて説明
>屋形船を楽しむときにおすすめの衣装が浴衣

◎2017/10/20

冬の屋形船で見られる景色
の情報を更新しました。

◎2017/8/18

屋形船から「花火」を見よう
の情報を更新しました。

◎2017/6/21

Wi-Fi環境のある屋形船
の情報を更新しました。

◎2017/4/27

屋形船合コンで楽しもう
の情報を更新しました。

◎2017/2/27

屋形船に乗ってみませんか
の情報を更新しました。

「屋形船 夏」
に関連するツイート
Twitter

返信先:まだ寒いので屋形船はやめておきましょう。ですよ、

スンミンさんへ。屋形船浮かんでて夜はとっても素敵だからまた来てね。

楽しかったなぁ 亀ちゃんとほっちさんなら次から次へと良いアイデア浮かびそう。 屋形船ライブとかどう? あ、キャパがwww 諸々刺激され、こんな亀ちゃんとの触れ合いがいいなぁとこちらも勝手に湧き出る無謀なライブ計画www 亀梨くん

返信先:お花見クルーズは来年の春に行く計画だけど、その前にに浴衣で屋形船クルーズへ行こうと話してもいるよ。彼の浴衣姿めちゃくちゃセクシーだろうな…🤤

今話題の執事喫茶 に初めて行ったのだけれど、その日がたまたま隅田川花火大会の日だったのもあり、退店する時に「今夜は花火大会ですので屋形船をご用意しました。楽しんできてくださいねお嬢様」っていわれて、あっ私お嬢様だーって最後まで余韻ヒタヒタになった思い出 また行きたい🥺